鼻の角栓

鼻の角栓はどうやったら手入れできるの?

鼻の毛穴の角栓を取ってしまうと良くないといわれています。

 

全部ごっそり詰まった角栓を取り除くことで、毛穴の表面の皮膚は傷ついてしまい毛穴は余計に開いてしまうからです。

 

 

しかし黒ずんだ角栓をそのままにしておくのは、見た目もよくないですし固くなってしまってまるで鉛筆の芯のようになってしまい、時間とともに取れにくくなってしまいますよね。

 

角栓というのは最初は脂の塊なので、白い色をしているのですが表面が酸化していくことによって鉛筆の芯のような黒い色になってしまうのです。

 

それでは、黒く変色する前に白い角栓のままで取り除けばよいのでは?

 

と思う方もいらっしゃる方もいますが、無理に取り除かずにこまめに洗顔をして皮脂汚れを落として白い角栓を作らないように毎日のケアをしていくことが望ましいのです。

 

角栓は皮脂の分泌が多いTゾーンにできやすいので、小鼻やあごや額は特に注意して洗顔するようにしましょう。

 

体にも角栓はできますので、背中などの角栓で悩む方もいますが顔と同様にきちんとケアしてあげましょうね。

角栓が気になって仕方ない

角栓が気になって仕方ないという方は、週に一回などの特別なケアで鼻の周りの毛穴を重点的にケアしましょう。

 

洗顔を丁寧にする方法も大切ですが、これでは綺麗になった気がしないという方はオイルクレンジングでマッサージケアをしたり毛穴パックなどで毛穴を綺麗にしたりという方法を取ることがよいです。

 

 

しかし、毛穴は余計に開いてしまっているので、パックなどの特別なケアを行った後の毛穴をきちんと引き締めてあげるまでが毛穴のケアですよ。

 

化粧水で丁寧にパッティングして、開いた毛穴にきちんと水分を入れてあげて引き締めをしましょう。

 

その後にクリームや美容液などで保湿して、肌に入れてあげた水分が蒸発しないように膜を作ってあげることも必要です。

 

 

無理に自分の指でつぶしながら角栓を取ったり、ピンセットなどを使って角栓を取り除くなどといった行為だけは絶対にしないようにしましょうね。

効果的に角栓を取り除く方法について

気になる鼻の毛穴ですが、角栓が綺麗にごっそりとれると気持ちがよいと思って角栓パックを多用することはやめてください。

 

毛穴の角栓パックは効果的ですが、使用頻度とその後のケアに気を使う必要性があることも知っておいてくださいね。

 

 

オイルクレンジングなどで角栓を取り除くのも効果的ですが、一度詰まって黒くなってしまった角栓を取り除くのは容易ではありません。

 

オイルクレンジングでは効果が見えないので、一生懸命に擦るように毛穴にオイルクレンジングをごしごしと使用する方が多いので、炎症や更なる毛穴の詰まりの原因になってしまいます。

 

 

毛穴の角栓パックではなく、通常のフェイス用のパックで脂分を取り除いてあげましょう。

 

ホットタオルなどで毛穴を開いた後にパックを使ってあげることで角栓は取り除きやすくなります。

 

入浴後などに自然に毛穴が開いている状態を利用するのも良いですね。

 

 

パック後の引き締めもきちんと行い、毛穴が広がった状態を引き締めてあげることで角栓ができにくくなりますよ。

毛穴の角栓が取れない

どの方法を試しても、毛穴の角栓が取れないという方もいらっしゃるでしょう。

 

鼻の毛穴の角栓を無理にとってしまうのもよくない方法なら、いったいどういった方法が望ましいのでしょうか?

 

 

角栓を取り除くクレンジングなどを使って、温めたタオルでまず毛穴を綺麗に開いてあげて毛穴の角栓を取り除く蒸しタオルによる角質除去方法が効果的です。

 

その後にきちんと専用ネットで、きめ細かく弾力のある泡を作って洗顔してあげることが蒸しタオル角栓除去のポイントです。

 

洗顔後に泡がが残っているとまた角栓を作ってしまうのですすぎもきちんと行いましょう。

 

 

また、毛抜きやピンセットなどの器具を使って角栓を除去すると跡が残ってしまうといわれていますが、ピンポイントで一か所一か所丁寧に肌表面を傷つけないように使用することで角栓はとれますが、その後のケアもしっかりと行いましょう。

 

くれぐれも肌を傷つけないように行うことに注意してください。

貴重なサイト集

ヘモグロビンa1c数値を下げる・・・・ヘモグロビンの数値はどういったことに注目されているのでしょうか?それは糖尿病なのです。糖尿病はヘモグロビンの数値があがると危険信号として察知することができます。ヘモグロビンの数値を常にチェックする必要がありますね。